西中国山地自然史研究会 公式ブログ

カテゴリ:おしらせ( 55 )




仕事納め

自然館は本日27日が,仕事納めとなります.
仕事始めは1月6日(月)となっています.
b0173886_17162250.jpg

帰る前の支所の様子.
これからが仕事の本番だと言うように雪が降り積もります.

それでは,良い年末年始を.
         ありみつ

------------------

お知らせが遅くなりました.冬期閉館期間や連絡先等は以下の通りとなっています.


冬期休館期間:11月26日〜4月24日
冬期の連絡先:〒731-2323
 広島県山県郡北広島町川小田75
 北広島町役場芸北支所2階 高原の自然館研究室
メール:staff@shizenkan.info
電話番号:080-6334-8601
FAX:0826-35-0386
※平日(月〜金)の9:00から17:00まで
※年末年始期間の休み:12月28(土)〜1月5日(日)
[PR]



by nishi-chu | 2013-12-27 17:18 | おしらせ

冬期休館

雨風が強く吹いていますが,気温は高く,室内では過ごしやすい日となっています.

本日,水槽展示アドバイザーの奥山さんが来館され,冬期休館に向けて,水槽のいきもの達の引き上げ作業をされました.
b0173886_114862.jpg

アブラボテのいる水槽の引き上げ作業をされる奥山さん.
b0173886_1213653.jpg

来たばかりの時は小さかったアブラボテも,大きくなりました.
b0173886_11481568.jpg

来た当時はコケの下や隠れ家にいたカスミサンショウウオも,しばらくするとマイペースに歩き回るようになりました.

自然館を賑やかにしていたいきもの達と,しばらくの間お別れです.

-------------------------------

明日から高原の自然館は冬期休館となります.
今年もたくさんの方々が来館されました.
来年もどうぞよろしくお願いいたします.
               ありみつ
[PR]



by nishi-chu | 2013-11-25 12:14 | おしらせ

「みんなで作ろうひろしま自慢」のご案内

芸北小学校の児童による「私たちのふるさと 芸北」という発表があります。
これは「みんなで作ろうひろしま自慢」という広島県の事業で,「地域について理解し,地域の宝を継承・発展させる取組を発表する大会を開催することにより,郷土ひろしまに対する理解を深め,児童生徒の郷土愛を育成する。」という目的のもと、各学校からの発表が行なわれます。
芸北小学校児童のふるさと自慢を見に行ってみませんか?
きっと熱い思いと素敵な歌声がきけるはずです。

日時:平成25年11月16日(土)  
13:00~16:30 (開場 12:30) 

会場:戸河内ふれあいセンター

b0173886_1245793.jpg

[PR]



by nishi-chu | 2013-11-10 12:07 | おしらせ

スタッフを募集しています

NPO法人西中国山地自然史研究会では,「芸北せどやま再生事業」部門の事務局長を募集しています.
広島県緊急雇用対策基金事業による求人で,失業者が対象です.
10月25日から,1年間の雇用となります.

▶採用人数
1人
▶職種
事務・野外作業
▶雇用形態
正社員以外
▶就業形態
フルタイム
▶雇用期間
雇用期間の定めあり(1年間)
平成25年10月25日〜平成26年9月24日
▶仕事の内容
芸北せどやま再生事業部門の事務局長として,事務や企画,野外作業を担当していただきます.林業に係る事業です.
<主な仕事内容>
・書類作成、データ入力、会議手配
・情報発信、イベント企画等
・草刈り、軽トラックでの薪運び(地域内)
▶就業時間
08:30〜17:00
▶賃金
時給:900円
*賃金計算式
158,400円
@900円X8HX22日の場合


詳細の求人情報はこちら→ハローワークインターネットサービス


※詳細は担当者までお問い合わせください.

NPO法人西中国山地自然史研究会
事務局:河野
080-6334-8601
[PR]



by nishi-chu | 2013-10-23 11:39 | おしらせ

「広島県で行われている生物多様性保全のための取り組みを視察したい」というお問い合わせ

「広島県で行われている生物多様性保全のための取り組みを視察したい」という問い合わせがあったので,しらかわハカセがこんな風に答えたよ.
参考にどうぞー☆

----------


高原の自然館では,年間を通じて観察会や保全活動を実施しています.
http://www.flickr.com/photos/shizenkanr/sets

このうち,保全活動としては,次のようなメニューがあります.


▼湿原の保全とモニタリング(八幡湿原自然再生事業)

 http://www.flickr.com/photos/shizenkanr/sets/72157634769485929/
 http://www.flickr.com/photos/shizenkanr/sets/72157634017672572/
 https://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/eco/j-yawata-index.html


▼半自然草原の再生(雲月山の草原,千町原草原)

 http://goo.gl/mRQy1i
 http://www.flickr.com/photos/shizenkanr/sets/72157635790275613/
 http://www.flickr.com/photos/shizenkanr/sets/72157635530298523/
 http://www.flickr.com/photos/shizenkanr/sets/72157633996736865/


▼里山再生のための地域システムの構築(芸北せどやま再生事業)

 http://goo.gl/5uUmrO


▼種の保全(サツキマス,ブッポウソウ)

 http://www.flickr.com/photos/shizenkanr/sets/72157633701493584/
 http://www.flickr.com/photos/shizenkanr/sets/72157633632817097/


また,外来種対策としては,夏にオオハンゴンソウの刈取りをしています.
完全除去というよりも,種子を付けさせない努力という意味合いで,草原保全の一環として行っている作業です.

生物多様性に関しては,本年2月に町の戦略をまとめたところです.
館と戦略策定との関係は,生態学会誌の下記記事をご覧下さい.

▼地域博物館から地域生物多様性センターへ(<連載2>博物館と生態学(15))

 http://ci.nii.ac.jp/naid/110008607852




他の地域の活動については,次の4種は広島県の指定希少野生生物になっていますので,広島県自然環境課に問い合わせたらスムースかもしれません.

・三次市吉舎町のナゴヤダルマガエルの保全活動
・世羅郡世羅町のヒョウモンモドキの保全活動
・宮島のミヤジマトンボの保全活動
・福山市のスイゲンゼニタナゴの保全活動


また,ヒョウモンモドキの保全活動を行っている世羅町には,広島県の施設として「せら夢公園自然観察園」があります.

▼せら夢公園自然観察園

 http://www.serawinery.jp/nof/

県立の公園施設ではありますが,管理施設には生態学出身の猪谷信忠(いたに のぶただ)さんが勤務されており,熱心に普及活動をされています.
今年は「湿地の守人養成講座」として,ヒョウモンモドキが生息できる環境を保全するための人材育成に取り組まれています.

▼湿地の守人養成講座

 http://www.serawinery.jp/nof/06event.html
[PR]



by nishi-chu | 2013-10-12 23:52 | おしらせ

内藤順一先生の連載開始のおしらせ

本日より,観察会でもおなじみの内藤順一先生(NPO法人西中国山地自然史研究会副理事長)が,中国新聞にて連載を開始されました.

「水辺の生物多様性」というテーマで,文化欄「緑地帯」のコーナーに連載されますので,ぜひともお読みください.
b0173886_1236013.jpg

[PR]



by nishi-chu | 2013-10-04 12:41 | おしらせ

「サツキマス保全の試み~産卵床作り~」のご案内

「西中国山地の自然を守ろう!」第4弾は「サツキマスの産卵床づくり」を行ないます.西中国山地自然史研究会の内藤順一先生によるサツキマスのレクチャーの後,産卵環境を見学し,その場所の整備を参加者で行ないます.
サツキマスのいのちをつなぐ環境整備のお手伝いをしてみませんか?

日時:2013年9月28日(土)9:30-12:30
場所:八幡高原センター集合(北広島町東八幡原)
●実施団体:特定非営利活動法人西中国山地自然史研究会
●協働団体:特定非営利活動法人ひろしまNPOセンター
      認定特定非営利活動法人日本NPOセンター
●協賛:  株式会社損害保険ジャパン、日本興亜損保株式会社

詳細は,Save Japanプロジェクト2013まで.

b0173886_1262256.jpg

[PR]



by nishi-chu | 2013-09-19 12:07 | おしらせ

霧ヶ谷湿原 秋のいきもの観察会のおしらせ

霧ヶ谷湿原 秋のいきもの観察会についてのおしらせです.

--------------------

日差しが柔らいた霧ヶ谷湿原で,今年最初の秋の訪れを体感してみませんか.夏の白や黄色の花に代わって,風邪にたなびくススキの穂を背景に,赤や紫に湿原を彩るマアザミやツリフネソウなどの秋の花が,アカトンボの仲間と共に迎えてくれるはずです.再生後間もない湿原は毎年変化を続けています.また,新しい生き物に出会えるかも知れません.

 開催日時:2013年9月15日(日) 9:30
 集合場所:高原の自然館
 講師:岩見潤治・大竹邦暁・松田賢・和田秀次
 準備:基本セット
 定員数:30名
 参加費:一般=300円,賛助会員=100円,正会員・中学生以下=無料

b0173886_11321534.jpg

b0173886_11321944.jpg

[PR]



by nishi-chu | 2013-09-13 11:44 | おしらせ

標本づくり教室@北広島町図書館のレポート

西中国山地自然史研究会の植物観察会でご活躍の佐久間智子先生が,北広島町図書館で「標本作り教室」の講師をされましたので,当日の様子をレポートします.

b0173886_2231776.jpg

b0173886_2204460.jpg

b0173886_2203634.jpg


7月20日(土)に第一回目の教室がひらかれ,参加者は3組(子ども4名,大人3名)+図書館職員さん4名の計11名でした.
みなさん植物標本を作るのは初めてでした.
館内で実際の植物標本を見た後,近くの龍山八幡神社に植物採集に行きました.
丁寧に採集することで,アカネの根が赤いことや,種子(ギンナン)から伸びたイチョウの芽生えや,ウバユリの根を観察することができました.
その後,図書館に戻って新聞紙に植物をはさむ作業を行いました.
どの葉を表にするか,裏にするか,切り落とすか,どこをきれいに見せたいかなど,自分で考えながら標本を押していきました.
はさんだ標本は各自が持って帰り,家で新聞紙を取り替えることが宿題となりました.
2週間後の講座にどんな標本ができているか楽しみです.
*植物採集については,事前に許可をいただきました.
*写真提供:北広島町図書館

→8月4日(日)の第二回目に作成した標本と参加者の写真が下記リンクに掲載されています.
北広島町図書館だよりNo.102
[PR]



by nishi-chu | 2013-08-24 00:23 | おしらせ

芸北トレッキングガイドと歩く「八幡湿原おさんぽツアー」の開催について

8月より湿原をあるくツアーを始めました.
ガイドさんが在館する日だけの開催で,当日参加のみ受け付けます.
次回は8月14日(水)です.
通常は,週末を予定しています.

午前の部 10:30
午後の部 14:00
参加費:100円
定員:10名
服装:歩きやすく肌の露出が少ない服装(長ズボン・靴がのぞましい)・タオル・飲み物

湿原を中心に,一時間ほど歩きます.
芸北トレッキングガイドの会のガイドから,いろいろなお話を聞きながら,ゆっくり散策ください.

ツアーの様子.
b0173886_16131210.jpg


b0173886_16132235.jpg


b0173886_16175972.jpg

[PR]



by nishi-chu | 2013-08-11 16:19 | おしらせ

芸北 高原の自然館と西中国山地自然史研究会の活動を紹介します
by nishi-chu
プロフィールを見る
画像一覧

関連リンク

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧