西中国山地自然史研究会 公式ブログ

カテゴリ:ハカセのオシゴト( 22 )




芸北小学校・中学校 遠足の下見の巻

梅雨入りしていますが,今日はさわやかなお天気.

さて,芸北の小学生の遠足は登山です.
1年生は雲月山,2年生は大佐山・・・というふうに各学年で芸北のいろいろな山に登ります.
それに加えて,今年は芸北中学校1年生21名が,グループにわかれ,小学生のリーダーとなり,一緒に遠足を楽しむそうです.

今日苅尾山に登るグループが下見にやってきました.
来週の遠足にも同行するしらかわハカセと,芸中1年生4名,そして先生方.
当日芸小5年生を連れてどのように登るのか,相談しながら下見するそうです.

萌える若葉から,鮮やかな新緑に変わるこの時期,山の楽しさを存分に感じる遠足になるといいですね!

b0173886_9451528.jpg

[PR]



by nishi-chu | 2013-06-05 09:46 | ハカセのオシゴト

芸北学講座 第2シーズン スタート☆

芸北の自然についてしらかわハカセが講義する芸北学講座がスタートしました.
対象は,芸北トレッキングガイドの会のみなさんです.

今年はメンバーも増え,にぎやかな雰囲気です.

b0173886_20255175.jpg


今回のテーマは「ブナ」

ミクロからマクロの視点で,ブナについて講義していただきました.
ブナ林が身近にある暮らしって,すごいなーとちょっと自慢に思います.

参考文献として登場した“雪里のブナ林のめぐみ”は十日町市立里山科学館 越後松之山「森の学校」キョロロが発行した冊子です.
b0173886_20333833.jpg



ブナ林の生態や生き物,ブナ林の様々な側面について、イラストや写真をたくさん使ってわかりやすく説明してあるすぐれものなのです,
美人林とキョロロ,いつか行ってみたいなー・・

質問もたくさん飛び出して,学びの楽しさを感じた時間となりました.
次回も楽しみです.
[PR]



by nishi-chu | 2013-01-07 20:38 | ハカセのオシゴト

集って,回って,楽しんで

今回はつどいの広場と題して,13名の皆さんと霧ヶ谷湿原を回りました.
b0173886_15225217.jpg

子どもたち3名は,始まる前から元気いっぱいで,
散策前の注意にも大きな声で「はーい!」と答えて,元気な声で答えていました.

湿原に入ってからもその元気は続いて,興味のあるものを見つけては楽しい声を聞かせてくれます.
b0173886_15225952.jpg

特に川辺で水の冷たさや,石の裏にいる水生生物を見つけようと,実際に裏返して探したことは,今日一番の思い出になったようです.
b0173886_15224519.jpg

参加された大人の方達も赤白と鮮やかに咲くミゾソバや,
b0173886_15221929.jpg
アケボノソウなどの秋の植物で,湿原の風景を楽しみつつ,
b0173886_15225556.jpg

霧ヶ谷湿原の成り立ちや,どのように再生されているのかを学びました.

秋の空気を感じさせる湿原の風景だけでなく,子どもたちの元気一杯な姿を見ることができて楽しい集いとなりました.

はたもと
[PR]



by nishi-chu | 2012-10-05 16:57 | ハカセのオシゴト

芸北エリア交流保育

今日は芸北エリア交流保育で,芸北エリアの3園から年少さん〜年長さんが集合し,秋の湿原散策を楽しみました.
リュックサックを背負った園児さんたち.
二人一組で手をつないで,めちゃめちゃかわいかったですよ☆

案内人は高原の自然館のしらかわハカセ.

まずは朝のごあいさつ.
しらかわハカセ:「今日は何がみれるかわかるかなー?」
園児さん:「おべんとー」
b0173886_22464379.jpg



次に高原の自然館へ.
一番小さなふたりぐみ.
b0173886_2252223.jpg


アブラボテの説明をするしらかわハカセ.
b0173886_2252843.jpg


じっくりゆっくり館内見学のあと,湿原へGo!

年に一度,交流保育の場として湿原や草原の散策をコーディネートしてくださる熱心な先生方,ありがとうございます.
また来年もきてねー!
[PR]



by nishi-chu | 2012-09-21 22:52 | ハカセのオシゴト

八幡女性会研修“八幡を知ろう”

八幡女性会の研修部が企画した“八幡を知ろう”をレポートします.

講師はしらかわハカセ.
八幡のお母さん方12名と高原の自然館をスタートとして,フィールドワークにでかけました.

まずは高原の自然館の中でじっくりお話を聞きます.
八幡高原の地理・ブナ林や湿原の成り立ち・草原と人の営みの関係などを短いお話のなかでしたが,深く掘り下げての解説があり,参加者はしっかりと耳をかたむけていました.
今回参加の八幡女性会のメンバーでは,生まれも育ちも八幡の方は一人!
「絶滅危惧種だねー」などといいながら,住民の多様性(?)も確認しました.
館内もしっかりと見ていただき,それぞれに質問も飛び出し濃い時間でした.

b0173886_16554442.jpg



残りの1時間は,水口谷湿原とおーいの丘をまわりました.
「八幡に住んでいても初めて来た!」という方もおり,心から楽しんでいるようでした.
湿原のひんやりした空気の中,咲いている花の説明を聞いたり,植物を触ってみたりとにぎやかに歩きました.
b0173886_1830396.jpg


おーいの丘では草原日和を体感しました.
心地よい風を受け,広がる景色に歓声をあげました.

b0173886_18445863.jpg


八幡がどんな場所なのかを知ることで,私たちが住んでいる八幡がさらにかがやく場所となって感じることができました.

「わたしらすごいところにすんどるんじゃねー」というひとりのお母さんのつぶやきが印象的でした.

またこんな研修会をしたいね!という言葉で会は終わりました.
[PR]



by nishi-chu | 2012-08-01 18:46 | ハカセのオシゴト

にぎやか自然館!

今日は豊平地域の小学校4年生のみんなが、高原の自然館と八幡湿原へ足を運んでくれました。

話を聞く姿勢はしっかりでき、自由に見学する時間には目をキラキラさせて、標本や展示を見てくれました。
メモをとっている児童もいました。
写真はブナの大きさを体感しているところ。
高原の自然館見学のあとは、しらかわハカセと湿原へ。

b0173886_11223184.jpg


とっても広い北広島町。
おとなり豊平地区からのお越し、どうもありがとうございました☆
また来てねー!

こうのレポートでした。
[PR]



by nishi-chu | 2012-07-06 11:23 | ハカセのオシゴト

八幡こども園“つどいの広場”春の巻

年二回の開催が恒例となっている、つどいの広場が今年も開催されました。
しらかわ博士が案内人となり、自然となかよくなろう!というコンセプトで高原の自然館の周りを散策します。
今日の参加者はこども園児と保護者、先生、支援センター職員さんと女性ばかり。
花が咲いたようににぎやかにスタートしていました。
とっても寒い日でしたが、おーいの丘まで散策し、鳥の巣も発見したって。
高原の自然館に戻ってきてからは、館内の水槽をのぞいたり、パネルをみたり、剥製を観察したり、おしゃべりしたり、元気いっぱいのご一行さまでした〜。

b0173886_0105951.jpg


モグラの絵本を博士に読んでもらって、みんなしっかり聞いていました。
なかなか盛り上がっていましたヨ。

フィールドの散策中には、「これ何ですか?」と聞くとすぐ答えと解説が返ってくることから「博士ってなーんでも知っているんだね!」と話題になったとか。
この中から将来の学芸員が生まれるかも!?

またきてねー☆
(こうの)
[PR]



by nishi-chu | 2012-05-11 16:23 | ハカセのオシゴト

貴重な撮影?

5月4日の話になりますが、記録撮影が行われました。
b0173886_16242641.jpg

これは当館のツキノワグマ(剥製)の撮影。。。ではなく、コウモリの記録撮影のワンシーン。
今回撮影されたのは、モモジロコウモリとキクガシラコウモリの2種類で、
体の大小に関わらず、どちらも羽根を広げると自分の想像よりも大きくてびっくりしました。
b0173886_16285368.jpg

(写真はキクガシラコウモリ)
撮影の最中に脱走して館内を飛び回るというハプニング(!?)もありましたが、
撮影は無事終了しました。
b0173886_16344638.jpg

貴重な体験ではありましたが、間近で飛び回るコウモリはなかなかに怖いものがありますね(汗)
 はたもと
[PR]



by nishi-chu | 2012-05-06 16:39 | ハカセのオシゴト

キックオフ研修会

高原の自然館がオープンしました。
それにあわせ、芸北トレッキングガイドの会のみなさんとキックオフ研修会を開催しました。
講師は白川ハカセです。
久しぶりにみなさんで顔を合わせ、話が尽きませんがガイドの心得を復習したり、新しいメンバーを迎えたりと、わやわや楽しーく時間が進みました。(時節柄農業の話が多かったり・・)
b0173886_11223833.jpg


特に楽しいのがやっぱりフィールド!!
あまり時間がなかったけれど、自然館の外回りをぐるりと一周。
見頃の桜の種をみんなで思い出したり、小さなスミレをじっくりみたり、男性ガイドのみなさんが力が入る木の話!マユミが小さな小さなつぼみをつけていたり、ツノハシバミの雌花をどこだどこだと探したり。
b0173886_117590.jpg


ここではこんな説明をしたらいいよ!という情報交換をしたり。
なんて楽しい時間でしょ〜♪
楽しいだけではなく、みんなでガイドの腕を磨いて、レベルをあげられるよう白川ハカセの力を借りながら、「来てよかった!」をすべての人に感じてもらえるようみんなでがんばることを誓った研修会となりました。
おとなりかりお茶屋でケーキセットをいただきながら、今シーズンのお話もじっくりしましたとサ。

以上こうのレポートでした。
[PR]



by nishi-chu | 2012-04-27 19:54 | ハカセのオシゴト

2012 北広島町成人式

昨年に引き続き、2012年の北広島町成人式に参加させていただきました。

北広島町となって7回目の成人式、今年の新成人さんは193人。
そのうち約140人が出席とのこと。
それぞれのシーンを紹介します。(写真が暗くてごめんなさい)

第一部:来賓あいさつ
「地域に根をおろしてほしい。」との願いが込められていました。
b0173886_19554356.jpg


第二部:新成人による「20歳のメッセージ」
県外に進学している大学生より、スポーツを通じて感じた感謝の気持ち、礼儀を身につけたことを次世代へ継承していきたいとの夢を語っておられました。
b0173886_19582873.jpg


第三部:講演
しらかわハカセによる「ふる里の宝」と題された講演です。
b0173886_19574639.jpg



“おめでとう”と“ありがとう”との祝福のことばから始まり、ふるさと北広島町のたからって何だろう??と考え、講演は進みました。
b0173886_19571499.jpg


雲月山山焼きの活動を例にとり、「ふるさとを守る・継承していく」という強く熱い想い。
きっとみなさんに届いたと思います。
山焼き再開のニュース映像は何度みても心が震えて、涙がでます・・

さまざまなお話を交えながら、ふるさとという最高の場所で、自分の夢をしっかりかなえてほしい・・というのがハカセからのメッセージだったのではないでしょうか?

北広島町にはいろんな分野で活躍している方がいます。
私のしらない方もたっくさんいらっしゃると思います。
どこかでつながって、手を携えながらふるさと北広島町を盛り上げたいですね!
私たちは「自然」というところから、文化を守り、人を大切にして素晴らしいふるさとであり続けたいなぁと講演を聞き改めて考えました。

講演の途中、新成人席から「写真がうまい!」って声が飛んでたのがよかった!!

新成人のみなさん、おめでとうございました。
みなさんの輝かしい未来を願っています。

高原の自然館にも遊びにきてくれるといいなぁ。

以上、今年初のこうのレポートでした〜。
本年もよろしくお願いします。
[PR]



by nishi-chu | 2012-01-11 20:03 | ハカセのオシゴト

芸北 高原の自然館と西中国山地自然史研究会の活動を紹介します
by nishi-chu
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

関連リンク

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧