西中国山地自然史研究会 公式ブログ

<   2010年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧




“海と空の約束”

高原の自然館に絵本を寄贈いただいたので,ご紹介します.

“海と空の約束”
作:にしたに ひろし
絵:ありむら あや
定価:900円

海と空を舞台にした,やさしくて大きな物語です.
いきものの環境やつながりを考えるきっかけになる絵本でもあります.
読んだ跡,ゆったりとした気持ちになりました.
イラストのグラデーションもとても美しいです.

絵本の購入はこちら
売り上げの一部はこの絵本を児童施設や教育施設に寄贈する活動の一部に使われるそうです.

作者の西谷さま,ありがとうございました.
b0173886_16153531.jpg

[PR]



by NISHI-chu | 2010-08-20 16:15 | おしらせ

熊鈴入荷しました

ハイマウント社の熊鈴を入荷しました.
山登りやトレッキング時にご使用ください.

色は,イエロー,レッド,シルバーと3色あり,ベルトの柄は色々あります.
一個1100円で販売しています.
高原の自然館のカウンターまでどうぞ.

b0173886_10493231.jpg

[PR]



by nishi-chu | 2010-08-19 10:49 | おしらせ

八幡アンケート

お盆ということで,帰省客の方が多く来館されています.
お隣かりお茶屋ではとあるグループがプチ同窓会が開かれているようで,とても盛り上がっていました.
みんな八幡出身で,八幡が大好きなひとたちです.
そしてすごく仲がいい!
こうしてみんなが集うのはなかなかないことなんだとか.
記念撮影を頼まれたのに,なぜだか一緒に撮影☆

b0173886_1491140.jpg

(載せてもいいよと許可をいただきました〜.ありがとうみんな!いい顔してます♪)

せっかくの機会なので,緊急アンケート!?

八幡のいいところは?
・何もないところ
・人が優しい
・情にあつい
・ビールが美味しい

八幡のおすすめの場所は?
・民宿くらたや
・かりお茶屋
・自然館(ありがとーございます)
・青年会館
・かりお


とってもにぎやかでした.
また遊びにきてねー.
[PR]



by nishi-chu | 2010-08-15 14:13 | 雑記

生物多様性キャラバンに参加

北広島町は今年生物多様性の保全に関する条例を制定しました.
その条例の内容や取り組みの紹介,またよりよい条例にするための意見収集のために,生物多様性キャラバンという活動が行われています.
町内各地・各団体でキャラバンの活動が始まっているようです.

先日そのキャラバンに参加しました.
白川学芸員より,パンフレットと資料映像をつかっての説明があり,参加者は熱心に聞き入っていました.
自分たちの身近にある自然の保全に関することなので,具体的な質問も飛びだします.

b0173886_1331136.jpg



条例の説明が終わったあとは,みんなで参加するワークショップです.
最初は「?」だったことも,後半にむかうにつれ,何のための作業なのかが分かり,会場内も盛り上がりました.
b0173886_13311357.jpg


(うしろで見守る近藤会長)

さて,このキャラバン.
条例のことがわかることももちろんですが,自分が,自分たちがどのように地域の自然と向き合っていくのか?ということを考えるよいきっかけになると思います.

機会があればぜひ,このキャラバンを体験してみてください.
キャラバンは10月まで行われ,希望があれば(日程が合えば)とんでゆくそうです(by 白川学芸員)
[PR]



by nishi-chu | 2010-08-13 13:38 | ハカセのオシゴト

想いを伝える伝言板?

高原の自然館の中にあるいきもの伝言板.
来館者の方が周辺でみたものを書き込んでくれています.
あれ??
8月7日に注目です.

b0173886_13412978.jpg


ちょっといいなぁ〜.
[PR]



by nishi-chu | 2010-08-09 13:42 | 雑記

雲月山にて

雲月山を歩きました.

地元の60代男性とご一緒させていただいたのですが,たいへん興味深いお話をいくつも聞かせていただきました.
いちばん印象的だったのは,江戸時代の書物である「芸藩通史」に,雲月山のふもとにある地域,土橋(つちはし)がこのように書かれているということです.

「悪所寒田,けぶりがたちがたきところなり」
要は“生活がしづらいところだ”ということだそうです.

高山の頂上からは,集落や山並みがきれいに見えました.
その場所で上記のようなお話を聞きました.
昔の生活が厳しかったことが.うかがえます.

今では地域のたからとして雲月山をみなさんで守っておられます.
私たちが気持ちよく登山をしたり,トレッキングができることに感謝します.

頂上では日差しが強かったけれど,心地よい風がふいていました.
また,人生の先輩からお話を聞くことができ,大変貴重で楽しい時間でした.
いついってもいい山,雲月山にて.
b0173886_10333970.jpg

[PR]



by nishi-chu | 2010-08-04 10:33 | 雑記

芸北 高原の自然館と西中国山地自然史研究会の活動を紹介します
by nishi-chu
プロフィールを見る
画像一覧

関連リンク

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧